BLOG

ブログ

現地で打ち合わせる重要性

2020.11.26ビルダー日誌

こちら、キャデラックのダッシュマット。ボディカラーに合わせ、バーガンディーにしてみました。


コロナの影響により、アメリカから届くのには時間がかかりました。


ズレてますな。ちゃんと位置を決めないと。

元々セットされていたグレーのダッシュマットより、こっちの色の方がしっくりきてよろしいですね。

 

スペアタイヤも新調し、



もしもの時にもバッチリ対応!これで遠方打ち合わせも安心安心。

 

ということで、早速ですが先日ガレージの打ち合わせのため神奈川へ。


相変わらずいい街並み。

 

ステイホーム期間により家で過ごす時間が増えたこともあってか、有難いことにHPを閲覧して下さる方も増え、ガレージの問い合わせはいつもより多いなといった感じです。

弊社は長野県に事務所を構えておりますが、関東圏での打ち合わせも喜んでお受け致します。ですので、お気軽にcall me us!

 

実際にガレージを建てる現場を目の前に、お客様とお話をしていると・・・
既存の住宅、土地サイズ、ガレージ位置、隣地境界、土地の勾配、屋根の向き、お隣さん、等
様々な問題点や改善点の発見があるため、現地での打ち合わせは結構重要だったりします。

メールやZoomでの綿密な打ち合わせはもちろん、更に「現地で話す」ことによってより良い提案が生まれてくることも事実。

その結果、お客様の想う理想のガレージをより昇華させることができるのなら、私たちはサッと現地に向かいます!

 

先日県内で行われた現地打ち合わせも、周りの景観に配慮し窓の位置を検討したり、人の動線を考慮しドアの位置を変更したりと、充実した内容の打ち合わせになったかと思います。